善玉菌のチカラ 過敏性腸症候群

善玉菌のチカラで過敏性腸症候群が治せる?乳酸菌と下痢の関係とは!

善玉菌のチカラはフジッコから発売されているサプリメント。

 

カスピ海ヨーグルトに使われている強力乳酸菌「クレモレス菌FC株」が1粒に20億個以上も配合されていて、便秘に苦しむ多くの女性の心強い味方になっています。

 

 

そしてこの善玉菌のチカラのパワーは便秘解消だけではなく、下痢で苦しむ人にとっても効果があると口コミなどで大評判

 

特に多く目にした、過敏性腸症候群との関係をまとめていこうと思います!

 

 

過敏性腸症候群って一体どんなもの?

 

過敏性腸症候群とは、簡単にいってしまえば「すぐにお腹を壊してしまう状態」です。

 

症状は一般的な下痢と同じですが、

 

  • その頻度が多く何度も腹痛に襲われる
  • 何を食べてもお腹を壊してしまう
  • それらを繰り返しているうちに慢性化してしまい、症状が悪化しやすくなってしまう

受験や仕事、人間関係…さまざまなストレスを抱えた現代社会では、以前と比べて過敏性腸症候群になってしまっている人が格段に増えているのだとか。

 

特に20代〜30代に多く、一説によると消化器内科を受診する患者の約半数が過敏性腸症候群だともいわれています。

 

 

ストレスを感じた脳が自律神経に作用し、大腸のぜんもう運動に影響するために引き起こるといわれていますが、ストレスの原因を取り除くのはなかなか大変ですよね。

 

そこで効果的なのが乳酸菌の摂取です。

 

特に善玉菌のチカラに配合されている乳酸菌「クレモレス菌FC株」は、生きて腸まで届くパワーと他の乳酸菌にはないねばり成分(ESP)を持っています。

 

これらが大腸で乱れた腸内バランスを整えるサポートをしてくれますので、その結果症状が格段に楽になる…そんな報告があちこちから届いているんです。

 

 

過敏性腸症候群は病院での診察などでも発見がしづらい病気だといわれています。

 

日頃からしっかりと乳酸菌を摂取して自己予防を心がけたいものですね。